オルチャンになりたい!

もう悩まない!一重&奥二重を活かすメイク

もう悩まない!一重&奥二重を活かすメイク

かわいい女優さんやモデルさん、そしてメイク雑誌に出てくるのはぱっちり二重の女の子ばかり。
そんな二重に憧れてアイプチやメザイクを使ったり整形を考えたりする気持ち、すっごくわかります。
でも、一重でも奥二重でもキレイな女優さんはたくさんいますよね!
元の目元を生かしたメイクを勉強して、数段かわいさアップを目指しましょう。

一重、奥二重を生かすアイシャドウの選び方

アイシャドウは、どんな色でも誰にでも合うわけじゃありません。
一重、奥二重の人にオススメなのが、マットなタイプのアイシャドウ。
ラメ入りは腫れぼったさを強調してしまうので、要注意です。
また、奥二重の場合メイクがすぐヨレてしまうことも悩みですよね。
ウェットタイプのアイシャドウや、まぶた専用のコンシーラーをあらかじめ伸ばしておくと、粉のアイシャドウよりフィットするし、ヨレ防止になります。

ホン・ヨンギ

出典: prcm.jp

アイシャドウの塗り方・一重まぶた編

肌の色に近い薄めのブラウン系をアイホールにのせて、締めカラーとしてそれよりも少し濃いめの色を選びます。
締めカラーは瞳に向かってグラデーションになるように塗るのがオススメ。
なるべく濃い色の幅が太くならないように気を付けてくださいね。
赤みが強い色は腫れぼったく見えるので、避けたほうがいいかも。

アイシャドウの塗り方・奥二重編

奥二重の場合もアイホールには薄めのブラウン系を塗りますが、締めカラーに注意が必要。
濃い色はせっかくの二重幅が縮まって、目が小さく見えてしまうんです。
アイホールに塗ったものよりほんの少しだけ濃い色を塗るのがコツです。

アイラインはどう引く?

一重を生かすアイラインは、少し太めを意識するのがオススメ。
目を開けた時にラインがちょっとだけ見えるくらいがベスト!
目尻もやや長めにアイラインを引いて、睫毛の隙間はしっかり埋めてデカ目に見せましょう。
奥二重の場合は、とにかく細くアイラインを描くくらい、そして目尻を少し長めの垂れ目風に描くといいですよ。
アイシャドウと同じで、しっかり描いてしまうと二重幅が狭まってしまいます。

下まぶたのメイクに力を入れて!

魅力的な目元にするには、下まぶたも大切。
目尻から3分の1までアイシャドウをのせ、残りは1トーン明るめのシャドウで丸い目にします。
それから涙袋がとっても有効なんです!
元々の涙袋にハイライトを入れて目立たせたり、涙袋をペンシルなどで描き足しちゃいましょう。