オルチャンになりたい!

メイクを極めたオルチャンになりたい!

オルチャンメイクを極める!

オルチャンメイクってお人形さんみたいで、とってもかわいいですよね。
ところでオルチャンメイクってどういう意味か知ってましたか?
オルチャンとは韓国の造語で、「オルグル(顔)」と「チャン(最高、良い)」が組み合わされ「とってもかわいい」とか「美女」って意味なんです。
ちなみに男性にも「オルチャン」は使われるらしく、その場合は日本で言う「イケメン」的な言葉になるのかも。
そんなオルチャンメイクについて、とことん調べてみます!

ホン・ヨンギ

出典: prcm.jp

オルチャンメイクの特徴とは

まずは、オルチャンメイクに欠かせない美肌。
ふんわりマット、でも透明感のある、赤ちゃんみたいな白い肌です。
美白化粧品をしっかり使っているんでしょうか?
本当にトラブル一つ見当たらない、キレイな陶器肌ですよね。
そして一番特徴的なのが、アイメイクです。
目尻がしっかりしたアイラインもそうですが、涙袋がぷっくりしていて黒目がちでうるんだ瞳。
それから、平行な太眉もオルチャンメイクの特徴です。
全体的にメイクしてます!という感じがなく自然で、あどけなくって童顔なイメージですね。

いざ挑戦!ベースメイクのやり方

一番大切とも言える土台作り、手を抜かずに丁寧にいきましょう。
洗顔後に美白化粧品などで保湿をしっかり行ってから、下地を塗ります。
ここでオススメなのが、BBクリームかCCクリーム。
BBクリームはカバー力が高くてファンデーション代わりとしても使えるし、CCクリームは美容液+化粧下地、といったイメージのもの。
よりナチュラルに仕上げるのなら、CCクリームがいいですよ。
更にカバーが必要ならコンシーラーやファンデ、特に必要でなければパウダーをはたきます。
マットタイプのパウダーではなく、自然なツヤ感があるルーセントタイプがオススメです。
美肌に見せるためには、もとの肌がいかにキレイかがやっぱり大切。
そのためにも、日頃から美白化粧品を使ってすっぴん美人を目指しましょう。

アイメイクのやり方

オルチャンメイクではアイシャドウはそれほど重要ではないんです。
ブラウン系のナチュラルな色を薄く塗るだけでOKですよ。
大切なのは、アイラインの引き方。
目尻が「く」の字になるように、黒のアイラインをしっかりと引きましょう。
アイラインを目尻から下に伸ばして引き、そこから目の下につなげるように下まぶた1/4程度描くとうまく引けますよ。
こうすると大きな目になって、お人形さんのようになります。
そして、涙袋。
これがあるのとないのでは、、全く印象が違ってきます。
ホワイトなどの明るく白めの色で、目の下にハイライトを引きましょう。
その下にブラウン系の色で影となる線を描いてぼかせばOK。
うるうるした瞳になれますよ。
まつげはしっかり上げて、マスカラを塗っておきます。

アイブロウのやり方

アイメイクより印象を左右するとも言われる、眉毛。
オルチャンメイクでは、なるべく自分の眉毛を生かすようにして、あまり整え過ぎないようにするのがコツです。
平行眉にするには、まず上のラインをまっすぐに引きましょう。
平行になるように意識して描いてくださいね。
下ラインは眉尻へとつなげていき、最後は少したれ気味にするといいです。
口角から目尻を通った斜め上に眉尻がくるのが理想です。
ペンシルで軽く埋めたら全体をブラシなどでぼかし、パウダーをのせましょう。
はじめからパウダーのみでもOKです。

仕上げにやっておきたいリップ

グラデーションリップもオススメです。 コンシーラーで唇の色を消し、中央に濃い色をつけて指でなじませ、全体にグロスを塗って完成です。
かわいらしい雰囲気を出すためにもぜひやってみてくださいね。